1945
(昭和20)









10月 終戦処理のため、三菱重工業(株)名古屋航空機製作所に整理事務所が設立され、全ての生産活動が停止した
12月 みずしま号(三輪トラック)の設計、試作を開始
8月 終戦
9月 GHQ、トラックの製造を許可

1946
(昭和21)

8月 三菱重工業(株)、名古屋機器製作所を新設、スクーター試作完成
6月 トラック用GB38機関完成
12月 シルバーピジョンC10発売
8月 総同盟結成
11月 日本国憲法公布

1947
(昭和22)

2月 三菱重工業(株)、本社に再建整備委員会を設置
5月 みずしまTM3A型生産開始
6月 GHQ、1,500cc以下の乗用車年間300台の製造許可

1948
(昭和23)

11月 三菱重工業(株)菱和機器製作所、第一工作部(大江)内に自動車の修理部門を設立し、米極東軍の乗用車やトレーラのオーバーホールを開始した
3月 シルバーピジョンC21型の生産開始
10月 GHQ、貿易庁、自動車の輸入販売を許可

1949
(昭和24)

2月 同上にて、ジープの鈑金部品の修理を手掛け、組織上「自動車修理部」とし体制の拡大を図った
10月 京都製作所にて4気筒ディーゼルKE5型初号機完成
4月

NATO成立
GHQ、1ドル=360円の単一為替レートを設定指示

1950
(昭和25)










1月 集中排除法により、東日本重工業(株)、西日本重工業(株)、中日本重工業(株)名古屋製作所などに3分割
9月 東日本重工業(株)、カイザーフレーザー社とヘンリーJの日本での組み立て、販売契約締結(1951年1月に設立)
6月 朝鮮動乱勃発
8月 警察予備隊令公布

1951
(昭和26)

6月 警察予備隊よりジープの国産化について慫慂あり
3月 シルバーピジョンC22型生産開始
9月 対日講和条約、日米安全保障条約調印

1952
(昭和27)










2月 ノックダウン生産によるジープ(J1)第1号車完成
4月 ウイリスオーバーランドがウイリスモーターと改称
9月 ウイリス社と、ジープを中心とする四輪駆動車に関する技術援助および販売契約を締結
10月 ウイリス社へ、国産化技術調査のため技術者6氏(服部高尚、井上伝一郎、市村忠和、不破輝夫、坂崎勇、矢野勝)を派遣
3月 シルバーピジョンC35型生産開始
4月 三菱ふそう自動車、東日本カイザーフレーザーを吸収合併
8月 水島製作所に総組み立てのコンベアシステム導入
11月 京都製作所に戦後我が国初のトラスファマシン完成(かつら用クランクケース加工)
3月 道路運送車両法施行規則改正(軽二輪の規格250ccに拡大)
7月 朝鮮戦争休戦協定調印
9月 独占禁止法改正、公布
12月 この年、世界自動車生産台数年間1,000万台突破我が国のスクーター生産台数5万4,713台で世界第2位

1954
(昭和29)

5月

菱和自動車販売(株)が発足
資本金5,000万円、三菱重工業(株)と倉敷フレーザーモータースの折半出資

6月 新三菱重工業(株)名古屋製作所、第一工作部(服部高尚部長)の中に組立課(嶽利和課長)が創立されジープ生産を担当
12月 JH4エンジン(原型H4ハリケーン)の完全国産化
2月 ピジョンC-38型生産開始
9月 ヘンリーJの生産打ち切りピジョンC-57型生産開始
10月 みずしま号TM5型、TM6型発表
7月 防衛庁設置、陸海空自衛隊発足
9月 東南アジア条約機構(SEATO)成立

Next