That's J40 series
写真はJ47。現在では、ほとんど見かけることのなくなった稀少モデル。見かけは地味だが、オフロードでの実力は想像以上。


クロカンも得意な大量人員輸送ジープ

 J20系のロングホイールベース版として登場したのが、このJ40系である。昭和1962(昭和37)年のデビュー時から、J44が登場する1970(昭和45)年までの間はJ32という型式名であり、シャーシーもJ30系をベースとしていたため、本来はJ30系のキャンバストップ版であるとの見方もできる。しかし、林業や建設業向けという使用目的を考えれば、これはJ20系の発展形という見方が妥当であろう。したがって、ここではJ32を、J20系のロングホイールベース・モデルであるJ40系に分類してある。

 J40系最大の特長は、その人員輸送力である。フロントのベンチシートに3名、リアの左右対座式ベンチシートに6名の、計9名という乗車定員は、山間僻地の工事現場などへの人員輸送に、絶大な威力を発揮した。もちろん、リアシートをたためば、ロングホイールベース車ならではの広大なカーゴ・スペースが確保でき、貨物輸送車としても他のジープを大幅に上回る荷役性を誇った。

 また、同じシャーシーを持つJ30系に比べると、質素なシートのキャンバストップ・モデルゆえ、居住性こそ劣ってはいたものの、ディパーチャー・アングル等、リアまわりのグラウンド・クリアランスが大きく、悪路走破性では一歩先を行っていた。

 他のジープが細かい仕様変更を繰り返していたのに比べて、J40系には、他のモデルに合わせたエンジンの変更以外、特に大きな変更はなかったので、外観から型式/年式を判別するのが難しいモデルでもある。

 仕様上、当然のことながら個人ユーザーからの需要もなく、非常に狭い範囲のユーザー層をターゲットとしていたため、他のジープに比べて登録台数は少ない。現在、ごく一部のクロカン・マニアが、改造を施して個人所有している例もあり、ジープマニアの中でもクロウト受けする一台となっている。

モデル名 使用燃料 総排気量 エンジン型式 乗車定員+最大積載量
J32 ガソリン 2,199cc JH4型 3名+400kg/9名+0kg
J32D ディーゼル 2,199cc KE31型 3名+400kg/9名+0kg
J42 ガソリン 2,315cc KE47型 3名+400kg/9名+0kg
J44 ディーゼル 2,659cc 4DR5型 3名+400kg/9名+0kg
J46 ガソリン 2,384cc 4G53型 3名+400kg/9名+0kg
J47 ガソリン 2,555cc G54B型 3名+400kg/9名+0kg

J40系のフロントシートは、J20系と同様3名掛けのベンチタイプ。スライド、リクライニング機構等の快適装備はない。
J40系のリア・スペース。折りたたみ可能な片側3名掛けの対向ベンチシートを備え、ジープ・シリーズ最大の乗車定員数(フロント3名+リア6名=9名)を誇る。シートをたためば、最大積載量400kgのカーゴ・スペースとなる。



このコンテンツは日本国内向けの情報です。
There home page contents apply to the Japanese domestic market only.