That's J50 series
キャンバストップにショートホイールベース。J50系は、最もジープらしいジープだ。写真は、シリーズ最強の2.6リッター直4ガソリン・エンジンを搭載するJ57。


三菱ジープ・ファミリーのフラッグシップ・モデル

 初の純国産化が果たされたCJ3B-J3型直系のジープ、それがJ50系である。常に三菱ジープ・シリーズのイメージ・リーダーであり、ジープと聞いて、ほとんどの人がまず最初に思い浮かべるのが、このタイプであろう。

 荷役性やユーティリティ面の向上を目指したJ20、30、40系とは一線を画すスパルタンなオープン・スタイル、軽量なボディーやショートホイールベースを活かしたクロスカントリー性能を本分とする、最もジープらしいジープである。

 J52から55まで、型式や年式によって様々な仕様変更が見られるが、大別すると前期型のナロウボディー・タイプと、後期型のワイドボディー・タイプに分けることができる。

 ナロウボディーは、J50系の前身であるCJ3B-J3から受け継がれたボディーであり、J52、J54/56/58前期型に採用されていた。ちなみにJ52のフロント・フェンダーは、J3と同様ストレート・フェンダーだった。

 いっぽう、1977(昭和52)年以降のJ50系、つまりJ54/56/58後期型、J57/59/53/55は、ホイールベースはそのままに、トレッドやボディー後端が延長されたワイドボディーとなり、リーフスプリングまわりの仕様や駆動系の減速比などが変更された。

 熱狂的なJ50系ファンの中には、後期のワイドボディー車よりコンパクトで、トランスファーの減速比も低く、車重も軽かったナロウ・タイプこそクロスカントリー走行に適した「真のジープ」と断言するマニアも存在する。しかし、J57以降の、パワフルなエンジンを搭載するモデルを愛して止まないジープ・ファンもまた多い。

 すでに絶版となっているモデルであっても、アフター・マーケットには、まだまだパーツが多く、改造の自由度が大きいのもジープJ50系の魅力である。

モデル名 使用燃料 総排気量 エンジン型式 乗車定員+最大積載量
J54 ディーゼル 2,659cc 4DR5型 2名+250kg/4名+0kg
J52 ガソリン 2,315cc KE47型 2名+250kg/4名+0kg
J56 ガソリン 2,384cc 4G53型 2名+250kg/4名+0kg
J58 ガソリン 1,995cc 4G52型 2名+250kg/4名+0kg
J57 ガソリン 2,555cc G54B型 2名+250kg/4名+0kg
J59 ガソリン 1,995cc G52B型 2名+250kg/4名+0kg
J53 ディーゼル 2,659cc 4DR6型 2名+250kg/4名+0kg
J55 ディーゼル 2,659cc 4DR5型(※) 2名+250kg/4名+0kg
※はインタークーラーターボ付き。


写真はJ58(ワイドボディーの初期型)のインパネ。
基本デザインはCJ3B-J3の頃から変わっていない。



プル・オン式のファン・スイッチ。1段引くと「強」、2段引くと「弱」の2段階風量調節式。


降雪時でも、雪がワイパーの動きを妨げない吊り下げ式ワイパー。J55には3本ワイパーが採用される。






J57や59など、ガソリン車がラインナップされていた時代のJ50系カラー・バリエーション。J53以降は、さらにボディー色が増やされた。


このコンテンツは日本国内向けの情報です。
There home page contents apply to the Japanese domestic market only.